口内炎の症状が出た時に歯科受診をすると良いタイミングとは?

歯科受診も必要だが生活場面でのケアも欠かせない

食事で改善と予防

ストレスや疲れなどの理由で免疫力が低下すると、口内炎が出る可能性は増します。予防や改善に繋がるための、生活習慣改善のポイントを押さえましょう。

日頃から偏った食事をしがちな人は注意が必要となり、特にビタミンBや鉄分の慢性的な不足をすると、口内炎を出やすくします。ビタミン系を補充するには、緑黄色野菜や青魚系の食べ物を摂取するのがおススメです。どうしても苦手な人は、サプリや野菜ジュース、栄養補助食品などで摂取を始めるのも1つの方法です。

また、酸味や塩気が強い料理を良く食べたり、アルコール摂取量が多い人も口内炎が起こりやすくします。よく外食や飲み会をする人は、頻度を減らすことや料理選びの見直しをすると、口内炎の予防が図れます。

ストレスを溜めない

口内炎の症状を出やすくする原因の1つに、ストレスの蓄積があるようです。仕事や生活場面で少なからずストレスは溜まりますが、上手にケアをすることにより様々な所でプラスの効果を発揮します。

例えば、好きな趣味がある人は、それに没頭するのも良いでしょう。音楽鑑賞やスポーツなど自分に合った趣味が見つかれば、ストレス蓄積の予防が見込めます。一方、趣味に充てるためにまとまった時間の確保が難しい人はいるかもしれません。音楽アプリを活用して1曲聴くことやストレッチ程度であっても、短時間行うだけでストレス軽減ができます。

不規則な生活を送る人は、睡眠不足に陥る可能性は出ます。まとまった時間を確保して運動や趣味に時間を充てるのも必要ですが、難しい場合は寝る前の軽運動や就寝の2時間前には飲食を摂取しないなどの対策を立てるだけで症状改善をしやすくします。様々な方法を試しながら、口内炎の予防や回復をしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る