口内炎の症状が出た時に歯科受診をすると良いタイミングとは?

歯医者通院が苦手な人へ!歯科受診をする場合の診察や治療の流れ

歯医者は怖くない

歯医者への通院に対して不安を抱く人はいるかもしれませんが、親切丁寧な治療をしてもらえる所は多いです。歯科医や衛生士も治療のプロであるので、口内炎をはじめ症状に合ったケアプランを立ててくれます。

凡その歯医者で行う治療の流れとして、口腔内の確認をします。アフタ性口内炎をはじめ種類は豊富にあるので、原因を見つけます。そのうえで、薬物療法やレーザー治療など症状に合った治療をします。痛みや通院に掛かる時間などに不安がある場合は、歯科医や衛生士に伝えると丁寧に答えます。

虫歯や歯周病を併発している場合は、その治療も行います。菌の繁殖を防ぐことで、口内炎の治療だけでなく歯の健康面でもプラスの効果が得られます。

それでも歯医者に苦手意識がある場合、口コミサイトで評価をしているなら、参考にするのも1つの方法です。


お子さんを通院させたいなら

小さなお子さんでも口内炎の症状は発生する可能性があります。しかし、お子さんの場合は保護者が無理に通わせても苦手意識を植え付けさせてしまいます。それに伴い歯医者に通わなくなれば、却ってマイナスとなりかねません。

口内炎の症状があれば、それを治すのが目的であることを保護者は丁寧に説明しましょう。また、空腹時や昼寝の時間帯に伝えても機嫌を損ねる可能性が出ます。食事後やおやつ後のような機嫌が良いタイミングで歯医者への通院を伝えるのも1つの方法です。また、治療が終えた時はできるだけ優しく誉めるのもおススメです。

保護者が歯医者を選ぶ場合、衛生管理が行き届いていたり歯科医や衛生士の相性が良い所を選ぶと通いやすくなります。時間を見つけて下調べをしておくのも有効な方法です。また、小児歯科のような専門分野が記している所なら、専門的な治療を受けることが期待できるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る