歯科受診した方が良い口内炎のケースとは?

口内炎の症状が出た時に歯科受診をすると良いタイミングとは?

口内炎の種類について確認しましょう!

ストレスや健康面の不調などが原因で口内炎が発生した時、自然治癒により治るかもしれません。しかし、症状が改善されなかったり生活面で支障が出るなら歯科受診も選択肢の1つになるでしょう。通院をするのを躊躇う人はいるでしょうが、おススメポイントも伝えます。

歯医者通院が苦手な人へ!歯科受診をする場合の診察や治療の流れ

口内炎の症状が発生しても歯医者への通院を躊躇う人はいるでしょうが、診察や治療のイメージを抱けると不安が解消されるかもしれません。今よりも口内炎が悪化する前に通院をすることで、生活や健康面でプラスになるのが見込めます。また、歯医者に苦手意識がある人はその改善を図れる1つの切っ掛けにしましょう。

歯科受診をする方が良い状態とは?

日々の生活を送る中で、口内炎の症状が出る時があります。主にストレスや栄養不足に伴う免疫力の低下や口の中で噛み間違いによる損傷などいくつかの原因があります。より詳しく知り、歯科治療や家庭でのケアへと活かしましょう。

アフタ性口内炎というストレスや疲れ、栄養不足に伴い発生する症状が多いようです。約2から10ミリ程度の損傷が、唇の内側や歯茎などに発生をします。ストレス緩和などの対策を図れば、2週間以内で症状改善が見込めます。一方、改善ができない時や慢性化の状態にあるなら、歯科受診をはじめ通院が選択肢の1つになります。

入れ歯や矯正器具を装着しており、頬の内側を噛んだ時などにダメージを受けることで起こるカタル性口内炎があります。細菌が繁殖してしまうと、口の中に粘膜が腫れたり水疱が発生に繋がりかねません。味覚障害や口臭が起こるなど、健康だけでなく生活面でもマイナスとなります。そのため、早めの通院がおススメです。

口内炎は、ウイルスの繁殖によっても発生します。例えば、ヘルペスは抵抗力の弱い乳幼児に起こりやすい症状の1つです。他にも性感染症による口内炎の症状であり、男女問わず不特定多数の人と性行為をする人も発症する可能性が増します。カンジダ性口内炎は痛みがあまり出ないかもしれませんが、苔のようなものが口腔内に付着をした状態となります。体力や抵抗力の弱い状態の人や、ステロイドなどホルモンバランスを整える薬を服用する人に起こる可能性が増します。歯科医の通院以外に、症状によっては泌尿器科など専門外来を受診するのも良いでしょう。

歯科受診も必要だが生活場面でのケアも欠かせない

口内炎の症状発生に伴い歯科受診も欠かせませんが、家庭での治療も大切です。通院時に処方された薬や市販薬などの服用も1つの方法ですが、生活習慣の改善でも症状回復を図れる可能性は増します。口内炎は、ストレスや免疫力低下で起こる場合があるようです。各種参考にしたうえで、自分に合った健康づくりをしましょう。

TOPへ戻る